茶道会について
名称:中央大学茶道会

会員数:約40名
(男女比 男1:女2)

流派:表千家・裏千家・江戸千家

運営:中央大学茶道会会則による


―流派紹介―

表千家:
当代家元の千宗左(而妙斎)氏は中央大学文学部国文学科卒業生。
      三千家のひとつ。

裏千家:
家元は千宗室。三千家のひとつ。

江戸千家:
表千家七世如心斎の1番弟子である川上不白が江戸に開いた流派。
       
家元は川上宗雪(名心庵)


―茶道会会室、茶室虚白庵アクセスマップ―

茶道会会室→4号館4階14号室(map

茶室 虚白庵 (map)
 平成8年に学内に作られた茶室。「外国からの来賓をもてなし、ゆっくりと国際交流のできる
場所」をコンセプトとして建設された。表千家当代家元などが中心となって設立をすすめた。
茶室の名前は、荘子の「虚室ハ白ヲ生ズ」(開け放った何もない部屋に日の光が差し込んで
明るくなるように、人は無心であれば自ずと物事の心理を悟りうる)という語に由来する。







戻る
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送